P1060949_New1.jpg P1090824.jpg     DSC01630.jpg P1130684.jpg     P1060932_New1.jpg P1130918 (2)

P1060924.jpg P11407362.jpg     P1060926_New1.jpg P1120696.jpg     P1070659.jpg P1140998.jpg

P1060951.jpg P1010716new.jpg     P1060920_New1.jpg P1020465 (3)

FC2ブログ

ブリスベンで、今日はこんなことしてます。





【キッチン/廊下ドア仕上げ1】 :: 2020/06/07(Sun)

もう、1年近く前になるんだなぁ。。
このドアを、キッチンと廊下の間に
取り付けたの。
P1060374.jpg

その後、いつもは、私がやっている
ドア上部の延長作業を、
Gにお任せして、
こんな状態で、ずっと放置してました。
078C3696-36DD-46BB-9736-2137B3FD0A60.jpeg

ドアを継ぎ足す場合、
プロなら、先に必要な長さを割り出して、
足元側に付け足し、
屋外で電動カンナをかけ、
それから、ドアをドア枠に設置するのね。

でも、Gとさやすけ流は、
ドアを設置してから、
上部に必要な分を付け足し、
境目がわからなくなるように、
削り、ヤスリ、フィラーを駆使して
ごまかします。

訳あって、このやり方を
貫いてきました。

そんなこんなで、我が家は、
ドアを設置してからの
ごまかし作業も重要!
さやすけの腕の見せ所。

D8F273DF-D3B1-4516-AB64-DA9BF665D851.jpeg

Gが、既に、かなり幅の近い棒を作って、
取り付けてくれていたのだけれど、
どうしても、棒の捻れなどがあるので、
彫刻刀、ヤスリ、フィラー、ペイントを何度も繰り返して、
理想に近づけていきます。

今回は、Tomiが寝ているので、
電動工具一切不使用!

Gが、油性ペンで、印をつけるという
大凡ミスを犯していたので、
あり物のプライマー機能のある
スプレーペイントで隠しました。

油性ペンは、使ったらダメ。絶対!

その後、ペイントしても、浮いてくるよ。

これは、さやすけDIY1年生のときに
学んだこと。

逆側の途中経過。
D0F19414-86B5-4800-931E-AB4DC38FC008.jpeg

因みにフィラーは、屋外用を使ってます。
屋内用を使うと、経年変化で、
すこーしずつ膨らむので。
表面に出ないような部分なら、
屋内用のお徳用を使いますが。
これも、経験則です。

だらだら書いたので、次回に続く。。

--------------------

ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


スポンサーサイト



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 廊下・裏口
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<【キッチン/廊下ドア仕上げ2】 | top | 【カンガルーミート】>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sayasukehoshi.blog.fc2.com/tb.php/1332-fde88e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)