P1060949_New1.jpg P1090824.jpg     DSC01630.jpg P1130684.jpg     P1060932_New1.jpg P1130918 (2)

P1060924.jpg P11407362.jpg     P1060926_New1.jpg P1120696.jpg     P1070659.jpg P1140998.jpg

P1060951.jpg P1010716new.jpg     P1060920_New1.jpg P1020465 (3)

FC2ブログ

ブリスベンで、今日はこんなことしてます。





【浴室シンクゴミキャッチ作成】 :: 2020/02/01(Sat)

バスルームにあるシンク、
まともなゴミキャッチがついてないタイプなのさね。

でも、キッチンと違って、
ゴミを流したりすることもないし、
大人が使う分には、特に問題なかったんだけど。

ご飯を食べた後のTomiの顔や手を
洗うようになって、若干詰まりかけたので、
こりゃまずい、と。

それ以来、ご飯粒一粒も残さず取り除いてから
洗うようにしてます。

で、問題は、解決したんだけど。

今後、糊に折り紙がついたような
手をTomiが自分で洗う場合、
やっぱり詰まるな、と。

そこで、ホームセンターで、
排水溝の突起にぴったりサイズの
水道管の部品を購入。
20200126_135429.jpg

Gにドロップソーで切断してもらいました。
20200126_173359.jpg

思った通り、真っすぐには切れなかったけど、
十分、十分。

それを、ヤスリで整え、
キッチンバサミで、パチパチ加工。
20200126_215413.jpg

完成♪
20200126_215456.jpg

Tomiが汚い手を洗う時だけ、
はめて使います。
20200126_215654.jpg

普段は、今までのすっきりな見た目だし、
リングの管理も簡単なので、満足、満足。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


スポンサーサイト



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. バスルーム
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【裏口階段取り替え1】 :: 2020/02/10(Mon)

昨年末、ご覧のような分厚い板
3枚を、丁寧に3度塗りしておきました。
Gからの発注ね。
20191118_153516.jpg

これらは、階段用の踏み板のでござい。


さてさて。

うちの裏口の階段、
そもそも、かなり年季が入っていたんだけどさ。
再建するには優先順位が低いとみなし、
6年前に、私が手を加えて、
延命処置しておいたのよ。
P1100533.jpg

更に年季入って、踏み板のしなり具合が、
だいぶ危なっかしく、
フィラーと塗装の化けの皮も剥がれてきました。
P1060708.jpg

木製なのに、1番下の段、
地面スレスレだし、そりゃ腐るよね。
よく今までもったもんだ。

というわけで、解体開始。
P1060711.jpg

手すりとって。。
P1060712.jpg

階段とって。。
P1060714.jpg

ほとんど意味を成していない、
シロアリガードの金属返しもとる。
P1060721.jpg

で、想定外に、裏口下の板も
腐ってきていたので、メリメリ剥がしの刑。
P1060726.jpg

確かに、だいぶキテたね。
P1060727.jpg

今回は、金槌がぶっ壊れたとこまで。
P1060729.jpg

次回、再建開始!
Gの奮闘をご覧あれ。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 屋外
  2. | trackback:0
  3. | 本文:4

【裏口階段取り替え2】 :: 2020/02/13(Thu)

さて、前回は、
解体作業で終わっちまいましたね。

今回は、再建編!

まず、屋外に強い木材を、
複雑な形に切り出して。。
P1060732.jpg

1枚目。
P1060736.jpg

2枚目、重ねて設置。
P1060739.jpg

丁度いい厚みのいい木材がなかったそうな。

それを一旦取り外す。
P1060740.jpg

階段の骨組みを取り付ける場所を
想定して、3つブロックを取り付け。
P1060746.jpg

これがないと、後で、ネジが効かないからね。

因みに、これらブロックは、
取り外した手すりのリサイクルだそうな。
手すりに使われてた木材は、
いいやつだったんだよね。

で、冒頭の板2枚を、再度取り付けてから、
骨組みを取り付けます。
P1060748.jpg

この作業からは、流石に2人必要なので、
Tomiを横目で追いながら、
さやすけも参戦じゃー。
P1060753.jpg

元々のコンクリート台を削って、
高さを整え、水平、垂直をチェックしながら設置。
P1060749.jpg

Tomiを、追い払ったり、
追っかけ回したりしながら、
何とか骨組み3本取り付け完了。プハーー!
P1060763.jpg

踏み台の表面にネジが見えたら嫌なので、
裏側から、ネジ留め。
無理な角度からでもハンマードリルが
使える延長パーツを取り付けました。
P1060764.jpg

じゃん。
P1060769.jpg

(裏口床と並行に見えないのは、
裏口部分が、元々、雨晒しのほぼ屋外の設計だったので、
雨が流れるようにちょっと斜めになってるからです。)

前回は、100cm幅で、両脇2点支え構造。
今回は、120cm幅で、3点支え構造。
板も厚いし、頑丈よ♪

手すりは、なくなったけど、
手すりが必要になる歳の前には、
この階段を撤去して、デッキを作る予定。
予定は、未定だけどさっ。

さて、次回は、仕上げ作業だよー。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 屋外
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2