P1060949_New1.jpg P1090824.jpg     DSC01630.jpg P1130684.jpg     P1060932_New1.jpg P1130918 (2)

P1060924.jpg P11407362.jpg     P1060926_New1.jpg P1120696.jpg     P1070659.jpg P1140998.jpg

P1060951.jpg P1010716new.jpg     P1060920_New1.jpg P1020465 (3)

FC2ブログ

ブリスベンで、今日はこんなことしてます。





【タイル貼り1】 :: 2013/05/01(Wed)

さて。

フツーは、キッチンキャビネットを
全部据え付けた後に、やるんでしょうけど。

先にタイル貼り、行ってみましょう


タイル貼り用具は一式揃えたのですが、
直線を簡単に切れる、このタイルカッターは、
友達のD君に貸してもらいました。
初登場、D君のおみ足~。
P1090428.jpg

Gは床のタイル貼り経験しかなく、
壁のタイル貼り経験があるD君は、
今回、心強い現場監督

(ちなみに、D君の家も、DIY中。
今のところ3-4年目。)

貼り方の作戦を十分練った後、
タイル用接着剤を、壁に塗ったくります
P1090433.jpg

そして、全体のガイドラインになる
端1列を貼る。
P1090436.jpg

一番下のラインがわかったところで、
木材を1本打ちつけて、水平を確保。

あとは、時間との勝負
隙間が3ミリに揃うように、スペーサーを挟みながら、
貼る!貼る!貼る!
P1090439.jpg

はい~、ほぼ貼り終わりました♪
P1090450.jpg

うまのり目地(交互に貼る方法)は、
D君も初めてだったそうですが、うまくいきました。

残るは、コンセントの穴の周りの、変形部分。

この部分のタイルに関しては、
タイル用の刃を電動マシーンにつけて、カット。
P1090451.jpg

この特別タイルを貼って、コンセントカバーを戻します。
P1090456.jpg

はい、今日の報告は、ここまで。

次回は、目地入れでーす

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


スポンサーサイト



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:8

【タイル貼り2】 :: 2013/05/02(Thu)

では、続いて、目地入れです

(目地入れ前に、24時間以上、要放置です。)

まず、スペーサーと、一番下の、
仮止め木材を取り除きます。

右側の中途半端な隙間には、
飾り木材(Dowel)をつけました。
P1090461.jpg

目地剤を必要量測ってぇ。。。
P1090462.jpg

水を投入。まぜまぜ
P1090463.jpg

目地に埋め込むように、延ばします。
P1090465.jpg

乾くスピードに合わせて、
不要な目地剤を取り除きます。
ってか、どんどん乾くんですけどっ
P1090467.jpg

乾き具合を見ながら、濡れスポンジで、
表面を何度か掃除。
P1090468.jpg

まだ曇りがちょっと残ってるけど、
布で、更に磨くとピカピカになります。
P1090469.jpg

目地入れは、教科書通りの運びにならなかったけど、
(すっごい手を使った。手は最高の道具よね~。)
結果オーライだったし、
思ったより簡単でよかったわぁー

あと2箇所、タイル貼りします。


先日、IKEAにまた行ってきたのですが。
いままで、あんまり気にしていなかったのに、
2人して、各モデルブースのタイル部分ガン見

タイルのデザイン、タイル貼り技術共に、
うちの方が、ちょっと上じゃない?
なんて大満足して、凱旋しました。

また自画自賛。あっははー。。重要、重要。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:8

【曲者現る】 :: 2013/05/03(Fri)

-----処はさやすけ邸裏。
闇夜に光る2つの赤い目-----


曲者じゃ
曲者じゃーっ

DSC02116.jpg

きっ貴様、何者ーーーっ

DSC02115.jpg

ずずい。
DSC02118.jpg

ちゃらーーーん。
DSC02119.jpg

でっか



夜のハンター、フクロウちゃんでしたー。

どうも耳がなさそうなので、ミミズクではなさそうですよ。

どっちにしろ、英語ではowl(アウル)なので、ラクチンよ

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ■動植物・ガーデニング
  2. | trackback:0
  3. | 本文:4

【照明1】 :: 2013/05/04(Sat)

さて。

先日電気屋さんが来てくれたので、
そのご報告~。

今回はキッチン編


入居したとき、天井から2つの古い照明が
ぶら下がってました。
<before1>
P1060949_New1.jpg

それが古くて、汚くて、嫌だったので、
それを外して、
ずーっと、裸電球で過ごしてきました。
こんな感じでね。
<before2>
P1090335.jpg

それが、この度、こうなりました。
じゃーーん。
<after>
P1090493.jpg

P1090495.jpg

照明って、ほんと重要。
雰囲気がガラッと変わる。
うっとり。

スポットライトは、
アームを自由に曲げられるので、
後々、調整します。

家具の配置に合わせて、場所も移動してもらったので、
天井に開いた2つの穴、修復しなきゃ~。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6

【照明2】 :: 2013/05/05(Sun)

今回は、リビング編

これまた、入居したての頃。
もう、さっさとボロい笠とっちゃったから、
裸電球の写真しかないわ。
<before>
DSC01630_New1.jpg

で、今回、こうなりました。
ファン付き照明。
まーわるーまーわるーよ、時代ーはまわるー。
(現在、また物置部屋になっちゃってます。)
<after>
P1090492.jpg

ファンと照明は、勿論別々に作動できます。
ファンの強さは3段階。

停めた状態。
P1090497.jpg

電気屋さんの作業で、天井がちょっと壊れたので、
これも、要修復。

あと、特殊スイッチに変えたので、
スイッチ周りの修復&ペイントもしなきゃ。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. リビング
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【海苔巻き】 :: 2013/05/06(Mon)

DIYの手を休めて、
ランチに海苔巻きご飯を作成。

くれぐれも言っときますけど、
「巻き寿司」ではなく、「海苔巻きご飯」ですから
P1090479.jpg

何が違うかというと、
私の中で、「巻き寿司」は、巻き簾を使ったおもてなし料理。

「海苔巻きご飯」は、ちゃちゃっと適当に丸めた、
素朴ランチなのであります。

ところが、今回の「海苔巻きご飯」。
ちょっときれい目にできあがりましたので、
ブログに載せちゃいます。

*甘辛牛挽肉
*アボカド
*ベビーほうれん草

大丈夫、大丈夫、ちゃんと英語の注釈つけときますから↓
これは、寿司ではありませんってさ。

--------------------
Note: This is not proper SUSHI. I just made this for my easy lunch :P


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●牛肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6

【IKEAイス】 :: 2013/05/07(Tue)

今回はDIYじゃないんだけど。
IKEAからイスをとりあえず2脚買って来たので、
組立てまーす
P1090475.jpg

IKEA商品のパーツのつなぎ目部分って、
本当によく考えられてるなー、と
いつも感心します。
P1090476.jpg

はい、でけた。INGOLFのホワイト。
P1090477.jpg

もう一個は、半分くらいの時間でできました。
P1090478.jpg

やっぱり私って、パン君より賢いわぁ。

IKEAの説明書って、図解のみで、結構シンプル。
1つ目の組立て時に、あー、こうやった方が楽だったな、とか、
どうしてこのコツ、書かれてないんだろう、とか、
出てくるのさね。

ま、それがまた、結構楽しいんだけどさ。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6

【逃げない鳥】 :: 2013/05/08(Wed)

郵便受けをチェックして、
ふと、足元を見たら、鳥がちょこんと座ってる。
DSC02114.jpg

カメラを取りに戻って、撮影。
そろーり、そろーり近づいても、全然動かない。
置き物かい?チミは。
DSC02112.jpg

結局、50㎝の位置から、撮影
羽の色、フワフワ感から言って、
よく見る鳥の子供かな?
DSC02113.jpg

ここの生き物は、
すぐ逃げないものが本当に多く、
却って、びっくりします

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ■動植物・ガーデニング
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【レンジガード】 :: 2013/05/09(Thu)

お気付きの方も多いと思いますが、
うちのガス台は、ブラインドに近いのです。

まだ仮置きだけど。。
ほれね↓
P1090495.jpg


掃除しやすさ命、である私にとって、
これは、かなり致命的~

でも。
換気口、配線の都合、動線や、家具の大きさなどなど、
考えていくと、どうしてもこうなる。
ここ以外に、置ける場所がないのです
コンパクトなガス台にした理由の一つも、これね。


っつーわけで、ブラインドをガードせにゃ

ところがどっこい。
オーストラリアでは、レンジガードが売られていないし、
銀色のレンジガードって、あんまり見た目がよろしくない
使い捨てだしね。

という訳で、これ↓を帰国したときに買いました。
べラスコートという特殊加工で、水拭きできれいになるやつ。
<商品のイメージ写真>
3138000044-0.jpg

でも、中央パネルは長すぎて、スーツケースに入りません。
でも別にいいのだ~。
そもそも、左右のパネルをなんとか繋げられれば、それで十分。
うちのガス台、コンパクトだしね。

で、左右のパネルだけ、
オーストラリアに持ってきました。
P1090486.jpg

これじゃ、棒を通せないじゃーん
とお思いでしょうが。。

大丈夫。
これも、想定通り

ちょいちょいっと、印をつけて、
「はい、こうやって切っておくれー」とGに依頼。
P1090487.jpg

チーン、とカットしてもらって、
棒を通せば。。はい、出来上がり。
P1090490.jpg

うほほ、理想通り~
P1090491.jpg

油汚れから、完全にガードすることはできないだろうけど、
これで、ちょっとはマシになるかな?

何つっても、小まめに掃除しなきゃね~。

それと、4つのコンロのうち右側を、優先して使うつもり。
揚げ物は基本的にしませーん

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:10

【キャビネット設置1】 :: 2013/05/10(Fri)

キャビネットの一部は、
そーとー昔に組み立ててあったんですが。。

遂に本格的に組み立て&設置を開始

まず低いコーナーキャビネットを壁に固定。
続いて、冷蔵庫横の細長いキャビネットの組み立て&固定。
P1090512.jpg

両サイドには、専用パネルを取り付け、
棚&引き出しを取り付け。。
P1090516.jpg

ドアの取っ手をつけたら、9割がた完成
後で、細長キャビネットの引き出しをもう一段増やして、
一番上の中途半端な部分を後で修正します。
ふむふむ、こんな外観ね。
P1090530.jpg

続いて、左のコーナーキャビネットの
回転引き出しを組み立てまーす
P1090524.jpg

この組み立ては、かなり複雑&力が必要。
P1090525.jpg

でけた。
P1090526.jpg

引き出しは、回転させてから、
びろろーん、と引っ張り出せます。
P1090528.jpg

試しに、収納してみました。
ふむふむ。なかなか入るわね
P1090531.jpg

これねぇ。。。
組み立て、想像以上に大変だわ。
DIY、多少する人じゃなかったら、
正直ちょっとしんどいと思う
テーブルの組み立てとは訳が違うもの。

ま、うちが古い家で、水平をとるのが難しいから、
尚更大変なんだと思うけど
まぁ、舐めてかかると、痛い目に合うシロモノですわ。

組み立て後、2人共グッタリ。
あ、絶対2人必要です。
この組み立ては。

他のキャビネットは、これらに比べれば、
かなり楽ですよ~。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. キッチン
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6
次のページ