P1060949_New1.jpg P1090824.jpg     DSC01630.jpg P1130684.jpg     P1060932_New1.jpg P1130918 (2)

P1060924.jpg P11407362.jpg     P1060926_New1.jpg P1120696.jpg     P1070659.jpg P1140998.jpg

P1060951.jpg P1010716new.jpg     P1060920_New1.jpg P1020465 (3)

FC2ブログ

ブリスベンで、今日はこんなことしてます。





【レモングラスチキン】 :: 2019/11/10(Sun)

図書館で知り合ったタイ人の友人から、
庭に大量にあるというレモングラスを頂きました♪
20191101_121447.jpg

ここの気候だと、簡単に育つらしいので、
前に植えるか検討したことがあるんだけどさ。

その名前通りの「草」っていう地味な見た目と、
そもそも調理したこともないのに、
どんどん増えそうな植物を植えることに
抵抗があり、即却下となっていたのであります。

でも、とっても興味があったのです。
レモングラス。
グリーンカレーとか、本物のタイ料理を作るなら、
ジャーに入ったペーストじゃなく、
フレッシュハーブがいいに決まっとる訳で。

で、早速、一番簡単なレモングラスレシピを聞いてみた。
すると、わざわざレシピ画像を編集して、
教えてくれたよ↓
FullSizeR.jpg

材料的に言って、ガイヤーンと同じみたいなんだけど、
ガイヤーンってレシピ名じゃないっぽい。
これを、オーブンじゃなくて、焼き鳥みたいに焼いたら、
ガイヤーンって名前になるんじゃないかな。

因みに、レモングラスって、蚊よけになるんでしょ?
と聞くと、そうらしいけど、
フツーにうちの裏にも沢山出るから、
期待すな
、とのことでした

さて早速。

手順は、レモングラスとにんにくと
コリアンダーの根をすり潰してから、
調味料を入れる、と聞いたんだけど。。

うちには、石臼的なものはないので、
刻んでから、調味料もろともブレンダーに投入。
少しでも水分あった方がいいと思ったので。
20191104_172046.jpg

ペースト完成。
20191104_172416.jpg

レモングラスって、結構スジ張っていて、
外側の相当固い感じの部分も使っていいのか
ためらったんだけど、できてみたら、
市販のグリーンカレーペーストみたいになって、安堵。ホッ
あれも、結構繊維質見えるもんね。

それを、オージーの巨大ドラムスティックに
まぶして、30分。
20191104_173323.jpg

火が通りやすいように、ちょっと開きました。
20191104_180418.jpg

焼き上がり。
20191104_192021.jpg

実は、オーブンの調子が悪くて、
普通の倍くらい時間がかかっちゃうんだけど、
何とかできました♪

ちょっと、フラッシュなしだと、
白っぽく写っちゃうんだけど、
とにかく、先生である友人に見せたところ、
おいしそうだが、次回は、
表面に油を塗って乾かないようにするか、
ブラックソイソースを表面に塗って、
色付けをしましょう
、という指導が入りました

ごもっともなご指摘。

でも、写真より、本物は
ジューシーで、レモングラスの香り高く、
おいしかったのよー。

まだ、結構あるので、
もう一度、今度は、フライパンで焼こうかな。
もう、暑くて、オーブン使えないや。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


スポンサーサイト



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●鶏肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【鶏のベジマイト漬け】 :: 2019/03/18(Mon)

鶏ももを買った時に、
久しぶりに、味噌漬けにしてから、
焼きましょ、と決めていたのだけれど。。

家に帰ったら、味噌が切れていた。

一体いつからなかったのだろう。。
南蛮味噌にしたものを食べていたので、
気付かなかった。

が、もう、味噌漬けの口に
なってしまっているので、
思い立って、ベジマイトで漬け込んでみた。
P1060107.jpg

うっ。。旨し!

ベジマイトって、八丁味噌っぽい味なので、
予想通り、いや、予想以上にいい出来。

予定していた、白味噌で作ったものよりも、
醤油だけで作ったものよりも、おいしい。

リピ決定です!

*ベジマイト
*醤油
*みりん
*ピンクソルト
*米油

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●鶏肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【アフリカンチキン】 :: 2019/02/15(Fri)

男子ごはんのレシピを参考にした
アフリカンチキン。
P1060008.jpg

バターなし、
ピーナッツバターの代わりに練りごま(タヒニ)。

エキゾチックな味♪
だけど、ここオーストラリアで、
似た感じの味食べたことあるような。。

いつもと違う味が食べたい時に、
作ってます。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●鶏肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【クリパ2018】 :: 2018/12/28(Fri)

もうすぐ年越しですね!
いかがお過ごしですか?


昨日の朝、Tomiの鼻の穴両方に、
大きな鼻くそが見えていたんですよ。

まぁ、ご機嫌だし、
どうせいずれ出てくるので、
放っておいたわけ。

クリスマス休暇中のGが、
気になってしょーがないみたい
だったんだけどね。

そんなこんなで、夜になって。

そろそろ寝かせようとしている時に、
あら、取れそう、という
鼻くその収穫時期到来。
チョイチョイ、とやったら、
両方とも取れたのさ。

で。キッチンで皿洗い中のGに、
鼻くそ取れたよー、と言うと、
Gは、どれどれ!と言って駆け出すや、
Tomiのハイチェアに足の指をぶつけて悶絶

流血しながら、辿り着き、
ティッシュに載った2つの鼻くそを
おおーっ、デカい!と眺めるG。


いやはや。。。
お陰さまで、平和な年末ですチャンチャン


ファミリークリパの料理の一部。
_DSC2212.jpg

さやすけがこさえたのは、
ギリシャ風レンズ豆のサラダ、
人参のトーラン、
チキン手羽元2種、です。

左の赤い方が、ハニーソイ、
右の黄色いのが、ハーブソルト味。
_DSC2214.jpg

人参のトーランは、いつもの。
_DSC2218.jpg

他の人が持ち寄ったものも、
ぜーーーんぶおいしかったな♪

-----------------------------

来年の為の、覚書き。。(全て10人前)

〈ギリシャ風レンズ豆のサラダ〉
*グリーンレンズ豆 半袋 約160g
*ベイビーほうれん草 大袋の約半分
*トマト 1個 角切り
*レッドオニオン 小さめチョップ
*フェタチーズ
*オリーブ 輪切りにする
*バジル 刻む

*オリーブオイル
*バルサミコ酢
*タヒニ(練りゴマ)
*すりおろしニンニク
*ドライオレガノorタイム
*ピンクソルト
*ブラックペッパー

〈人参のトーラン〉
*人参9本 (8本でも足りる)←小さめ
(過去ログ)

〈ハニーソイチキン〉
*手羽元2kg 12本 ←日本のより巨大
*醤油 大6
*三温糖 大4
*はちみつ 大4
*すりおろしニンニク 小1
*すりおろし生姜 小1

〈ハーブソルトチキン〉
*手羽元2kg 12本
*オリーブオイル 大6
*すりおろしニンニク 大1
*ピンクソルト 小3
*ローズマリー 2本分
*スモークドパプリカパウダー 小2
*イタリアンハーブミックス 少々


下処理で丁寧に羽根をとった。
4時間漬け込みで、OKだった。
焼く前に、コーンスターチをまぶす。
220℃ 45分。
2、3段に分け、段階的に投入。

翌日、温め直し+グリルで表面カリッと。
彩りにローズマリー。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●鶏肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【南インド系カレー】 :: 2018/10/16(Tue)

さて。
まだまだ頂いたカレーリーフがあるので、
カレーリーフ料理、第2弾。
P1050593.jpg

クックパッドの“30分の南インドカレー”を
参考にして作ってみたよ。

私は、生のグリーンチリを使いました。
P1050615.jpg

南インド・スリランカ系
チキンカレーの出っ来上がりぃーー♪
P1050616.jpg

最近、日本で、
南インド、スリランカ、ネパール料理が
流行ってきたみたいね。

スリランカ料理って、
同じ島国で、魚も豊富に使うから、
絶対日本人に合ってると思う。

前にも書いたけど、
かつお節文化も共通だしね。

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●鶏肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ