P1060949_New1.jpg P1090824.jpg     DSC01630.jpg P1130684.jpg     P1060932_New1.jpg P1130918 (2)

P1060924.jpg P11407362.jpg     P1060926_New1.jpg P1120696.jpg     P1070659.jpg P1140998.jpg

P1060951.jpg P1010716.jpg


ブリスベンで、今日はこんなことしてます。





【ラムトマト煮込み】 :: 2017/02/24(Fri)

最近よくやるラムの煮込み。

圧力鍋に放り込むだけ。
これぞ男の料理(!?)。
P1020201.jpg

大胆にハサミでカットした骨付きラム腿、
丸ごとじゃがいも、玉ねぎ、
3つに切った人参、トマト、
トマトペースト。

あとは適当に、
ローリエ、ワイン、
塩胡椒、パセリなど。
コンソメ的なものや、
グレービーを入れたり、
そこは、自由に。

加圧15分。
P1020202.jpg

アレンジの定番は、
残ったソースとラムに、
玉ねぎを再度追加して作ったパスタ。
P1020203.jpg

うまうまっ!

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ●羊肉メニュー
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【物入れ床完成】 :: 2017/02/20(Mon)

廊下付近で、1か所だけ
完成していない部分があったんだな。

ここ、ここ。
新しく作った物入れの床。
P1020189.jpg

とりあえず、サンディングマシーンで、
削りまくる。
P1020191.jpg

全身削りかすまみれ。
P1020190.jpg

あー、上の棚のもの、
もっとよけておけばよかったな。

といっても、あとの祭り

こんなに削りかすがでました。
P1020192.jpg

これは、糊と混ぜるとパテになるので、
とっときます。

さて、当初の計画では、
削った面がきれいならば、
ニスを塗って、廊下と同じ見た目を狙おう
としていたんだけど。

先程の写真の通り、
黒い水の跡がとれず、断念。

一見、大したことなく見えても、
ニスを塗ったら、はっきり浮き上がってくるので、
要注意ですぞ

水で濡らすと、透明ニスを塗った時の
仕上がりが再現できます。

この、黒い跡。

これって、腐っているのではなくて、
水がある程度の間、接触していたせいで、
木の中の成分タンニンが、化学変化するせいで
起こるのです。

元々、ここには、ボイラーがあったので、
昔、水漏れがあったというわけ。
無垢材床なので、当然の結果なわけね。

家のキッチン床にところどころあります。
まぁ、全体に古い床なので、
味、ということであまり気にしてません。

ところが、このように、1か所に集中していると、
見苦しいだけでなく、
「これって、腐ってるの?」と思う人も多いと思うのよ。
特に、風呂の横だから、そう思われたらやだな、
と思って。

というわけで、作戦変更。
塗ります

板目をを残しつつ、
釘穴や、工事の傷など、
粗を徹底的にフィラーで埋める。
どうせ、塗るからにはね!
P1020207.jpg

窓枠に使った、油性のプライマー(下地剤)。
P1020210.jpg

これ、本当に、タンニンカバーに有効です。
経験上。

下地完成。
P1020209.jpg

トイレ床に使った、強力なエナメル系ペイントで、
3度塗り。
P1020212.jpg

廊下との境を自然に見せるために、
これまたトイレの壁に使ったボーダーの
端材を活用。
P1020211.jpg

釘で固定して、釘穴を埋め、再ペイント。

完成。
P1020213.jpg

写真だと、板目がよく見えないけど、
自然な感じで仕上がりました。
P1020215.jpg

満足、満足。
Gにも好評。

しかも、全部残りもんでできちゃった

これで、廊下部分も、
ぜーーーーんぶ完成しました

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 廊下・裏口
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【越冬チリの結果発表】 :: 2017/02/19(Sun)

例の越冬したチリ。
P1020087.jpg

細々と生きてきましたが、
最近、ついに枯れました。

収穫1
P1020174.jpg

収穫2
P1020184.jpg

収穫3
P1020217.jpg

収穫4
P1020218.jpg

収穫4以外は、
立派に料理に活用されました。

めでたし、めでたし♪

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ■動植物・ガーデニング
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

【キャンプ】 :: 2017/02/16(Thu)

サンシャインコーストへ
キャンプに行きました♪
P1020224.jpg

極楽、極楽〜。
DSC_0692.jpg

ちょうどブリスベンに
熱波(38℃)がきている頃に重なったので、
都合よく避暑できました。

目の前の海。
20170210_080553.jpg

20170210_080617.jpg

P1020230.jpg

20170208_164958.jpg

20170211_093901.jpg

キャンプ中に、ホームセンターに行って、
テントをアップグレード!
20170212_172833.jpg

屋根をつけたら、ぐっと涼しく、
テラス部分も広く、雨も凌げるようになったよー。

ブッシュターキーの子供&赤ちゃんを
初めて見ました。
しかも、たくさん!!
20170208_165734.jpg

この赤ちゃんは、しょっちゅう
うちのテントんとこに来ました。

お昼ごはんは、カフェで。
20170209_090543.jpg

20170209_090530.jpg

この写真、わかりやすいと思うんだけど、
目の前の海、湾が岸で分断されていて、
砂浜が両側に広がってるの。
P1020250.jpg

夜は、釣りをしている人も。
P1020256.jpg

幻想的だねぇ。。
DSC_0696.jpg

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. ■出来事
  2. | trackback:0
  3. | 本文:6

【ランドリー小屋上ペイント】 :: 2017/02/07(Tue)

ランドリー小屋の上の外壁、
塗れてなかったのさ。
屋根と屋根の隙間ね。
P1020022.jpg

危険だから、Gがやるって
言ってたんだ。

よっ!男だねっ

だけど。。
さやすけの方が軽いし、
小回りが効くし、何より。。。
長時間しゃがんで作業ができる。
(欧米人は、しゃがむのがホントに苦手なのだよ)

というわけで、Gにはしごを支えてもらったり、
パシリに使ったりして、
さやすけが屋根の上でペンキを塗りました。

これで、外壁完成度、99%。
P1020219.jpg

ところで、先日、Gおばあと
世間話をしていた時のこと。

G「外壁ペイント終わったんだけどさ。
数年後にまた塗り直さなきゃ
なんないんだよねー。
Gおばあの家は、何年置きに塗ってた?
2、3年?」

Gおばあ「いーやいや、5、6年置き位で
大丈夫よ。」


さやすけ「ハァー(ため息)」

ペンキの質が微妙に進化したと
ポジティブ(?)に考えても、
6年後には、また総塗り直し。

聞いてはいたけど、
ホントなんだなー。。

通りで、あちこちで
ペンキの塗り直し作業を見かけるわけだわな。
2階建てとか、飾りの多い家。。。
ゾッとするわぁ。。

ま、次は、外壁補修はほとんど不要になるので、
ペイントだけなら、かなり楽だろうけど。
何十年も、手入れをしてないと、
うちみたいに、苦労をするわけです。

古い家はかわいいけど、
メンテが必須どすえ!!

--------------------


ランキング参加中!1日1回ぽちっとよろしくね


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 屋外
  2. | trackback:0
  3. | 本文:4
次のページ